夏の花火

夏といえば「花火」ですね。

花火を見るとき、「たまや~」「かぎや~」という掛け声がかかりますね。調べてみました。

日本で最も古い花火業者は、東京の宗家花火鍵屋であり、江戸時代から続く老舗だそうです。その鍵屋と並んで江戸の花火を代表したのが玉屋です。玉屋は現代には残ってませんが、江戸時代に疫病払いの祈願で隅田川花火大会が行われる際には、両国橋を挟んで上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持つようになりました。この両花火師を讃え、励ます掛け声が「たまや~」「かぎや~」となり、現在もこの風習が残っているといわれています。

関西のこれから行われる有名な花火大会といえば、

8/1PL花火芸術祭 8/4なにわ淀川花火大会、みなとこうべ海上花火大会

などがありますね。

是非、お出かけの際には「たまや~」「かぎや~」の掛け声もお試しくださいね。

当店では浴衣の着付け&セットも承っております。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。