節分の風習

節分とは? 

季節の分かれ目である立春、立夏、立秋、立冬の前日のことです。特に冬から春になる立春が一年の初めと考えられることから、その前日の春の節分は大晦日に相当することでもっとも重視され、一般に「節分」といえば春の節分を指すものとなりました。 

 

節分に行う風習 

☆豆まき

豆は炒った大豆が一般的ですが、落花生を使う地域もあります。豆まきの後は一年間の無事を祈り、自分の年の数か、一つ多く豆を食べることで、邪気を払い福を呼ぶとされています。豆まきは窓を開けて「鬼は外!」と外に向かって2回、鬼が戻らないように窓を閉めてから「福は内!」と室内に2回まきます。最後は玄関までまいて、家中の鬼を追い出します。

 ☆恵方まき

大阪の船場で商売繁盛を祈願する風習として始まったそうですが、現在では全国に広がっています。巻きずしは「福を巻きこむ」という意味もあり、七福神にちなんで7種類の具を入れ「縁を切らない」ように包丁を入れずに丸かじりするとよいといわれています。

恵方を向いて願い事をしながら黙々と最後まで食べましょう。途中でしゃべると福を逃がしてしまうとか。

 ☆やいかがし

イワシの頭を焼いて柊(ひいらぎ)の枝に刺し、それを玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにする風習があります。これを「焼嗅(やいかがし)」、「柊鰯(ひいらぎいわし)」などと呼びます。昔から臭いの強いものや、トゲのあるものは魔除けや厄除け効果があるといわれています。

地方によって様々違うと思いますが、福の神を呼ぶ風習は後世にも伝えていきたいですね。

コメントは受け付けていません。